フケは薄毛の兆候?フケと抜け毛の関係とは?

MENU

フケは薄毛の兆候?フケと抜け毛の関係とは?

 

フケが多いと抜け毛が多くなり薄毛が進行する?

 

 

フケが多くなってくると、服に白い粉が散らばったり頭を掻くと粉が落ちたりと、不潔な印象になってしまって嫌なものですね。

 

でも、フケの嫌な面は、不潔な印象を与えるという見た目の悪影響だけではありません。

 

フケが多くなってきたということは、抜け毛が増え薄毛になり頭皮になっているとも言われています。

 

今回は、フケと薄毛の関係について詳しくご説明します。

 

フケってそもそも何故出てくるの?

 

フケとはそもそも何なのでしょうか?

 

フケは漢字で書くと「頭垢」となります。つまり、頭皮から出る垢のことです。

 

人間の皮膚は新陳代謝を繰り返すことで、常に生まれ変わっています。古い角質層は時間がたつと剥がれ落ち、新しい皮膚に生まれ変わります。

 

その過程で、古い皮膚はボロボロと剥がれ落ちるのですが、特に頭皮から出てくる古い皮膚がフケと呼ばれるのです。

 

健康な頭皮の場合、頭皮に存在する常在細菌によってフケは分解されますから、フケが出てきたとしても大した量ではありません。

 

ところが、頭皮に何らかの問題が起こると、フケが過剰に出てくることがあります。

 

フケには原因の違いによって、脂性タイプと乾燥タイプの二種類があります。

 

フケのタイプの違いによって対処法も異なります。それぞれのタイプについて見ていきましょう。

 

 

脂性タイプのフケ

脂性タイプのフケの原因は、頭皮から過剰に分泌された皮脂です。

 

頭皮から過剰に皮脂が分泌されると、その皮脂を餌とする「マラセチア菌」という細菌が増殖し、フケが多くなってしまうのです。

 

脂性タイプの場合、フケはカサカサしておらず、脂っぽくギトギトしています。

 

さらに、脂っぽいフケが分解されて脂肪酸になると、脂漏性皮膚炎を引き起こしてしまうこともありますから、注意が必要です。

 

脂性タイプのフケが発生してしまう人の多くは、食生活に問題があります。

 

外食中心で高カロリーな食事や、肉類や魚類、揚げ物やラーメンなどの脂っぽい食事を摂ることが多いのかもしれません。

 

油分が多い高カロリーな食事ばかりを食べる食生活を続けていると、自然と体全体が脂っぽくなってしまいます。

 

また、あまりお風呂に入らない、頭をちゃんと洗っていないなどという人も、脂性のフケを発生させやすくなります。

 

乾燥タイプのフケ

乾燥タイプのフケは、頭皮が乾燥して皮脂が少なくなってしまったために発生します。

 

頭皮を守ってくれるバリアーの役目をしていた皮脂が無くなると、頭皮を雑菌や埃、紫外線などから守ることができなくなります。
そして、どんどん頭皮が剥がれていってしまい、それがフケとなって大量に髪の毛の中から出てくるのです。

 

乾燥タイプの場合は、頭皮が乾燥しており、フケが細かくサラサラとした粉末状になっているという特徴があります。

 

また、頭皮が炎症を起こして強いかゆみを感じるのも特徴の一つです。

 

かゆみが強いからと強く掻き続けてしまうと、頭皮に傷がついてさらに頭皮の状態を悪化させてしまうことになります。

 

普段から乾燥肌の人やアトピー性皮膚炎の人は、乾燥タイプのフケを発生させやすくなります。

 

また、髪の毛を洗う際に、洗いすぎてしまうと頭皮の皮脂が全て洗い流されてしまいます。

 

良かれと思って一生懸命髪の毛や頭皮を洗いすぎると、頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまうのです。

 

あなたのフケは、脂性タイプと乾燥タイプのどちらだったでしょうか?

 

フケが出るということは、頭皮が何らかの問題を抱えているということです。

 

それに早く気づいて対処することで、頭皮の問題を解決することができます。

 

フケと薄毛の関係とは?

 

フケと薄毛はどのような関係があるのでしょうか?

 

 

脂性タイプと乾燥タイプの二つに共通して言えることは、「血行不良」と「毛穴の詰まり」です。

 

どちらのタイプでも、フケが発生するということは頭皮の状態が悪くなっているということです。

 

頭皮の状態が悪くなると、次のような状態になります。

 

頭皮の血行が悪くなる
髪の毛に栄養が行き渡らなくなる
抜け毛が増える

 

また、フケが多くなることで毛穴が詰まり、髪の毛の成長を阻害してしまうのです。

 

では、タイプ別に細かく見てみましょう。

 

脂性タイプのフケの場合

脂性タイプのフケが出てしまった人は、皮脂が過剰に分泌されてしまっている状態だということは、すでにお話ししました。

 

皮脂が多すぎると、皮脂で毛穴が詰まったり、頭皮に炎症を起こしたりします。

 

すると、頭皮の状態は悪くなり、血行の悪化につながります。

 

そして、髪の毛に栄養が届かなくなって薄毛になりやすくなるのです。

 

また、脂性タイプのフケが多い人は、皮脂やフケで毛穴が詰まりやすいので、それが直接の抜け毛の原因になることもあります。

 

乾燥タイプのフケの場合

乾燥タイプのフケが多く出始めた場合も注意が必要です。

 

頭皮が乾燥しすぎてバリアーとなる皮脂が失われた状態なので、ちょっとした刺激でも頭皮を刺激しやすくなっています。

 

乾燥するとかゆみが強くなり頭皮を無意識に掻いてしまうため、頭皮はもうすでに傷だらけになってしまっているかもしれません。

 

頭皮にダメージを受けた状態になると、頭皮の健康は失われていきます。

 

すると、脂性タイプの人と同様、頭皮の血行は悪くなってしまうのです。

 

乾燥肌の人はもともと皮膚の血行が悪い傾向がありますから、血行不良には特に注意が必要です。

 

さらに、乾燥タイプのフケが大量に発生することで毛穴が詰まり、髪の毛がうまく成長できなくなってしまうということも起こります。

 

また、頭皮にダメージを受けて傷ができることで毛根を痛めたり、かきむしった時に髪の毛が抜けたりする可能性もあります。

 

このように、頭皮にフケが大量に発生すると、良いことは何もないということがわかって頂けたと思います。

 

 

フケを解消するためにはどうすればいいの?

 

フケを解消するためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

 

脂性タイプと乾燥タイプで対策は大きく異なります。それぞれのタイプでの対処方法について見てみましょう。

 

脂性タイプのフケの解消方法

脂性タイプの人は、シャンプーをしっかりやって皮脂を取ることが大事です。

 

シャンプーの仕方を見直してみるのが良いでしょう。

 

今まできちんと洗えていると思っていても、実は皮脂を取り切れていない可能性があります。

 

  1. シャンプーをする前にお湯で予洗いをする
  2. 髪の毛だけでなく地肌を洗う
  3. 指の腹でマッサージするように洗う
  4. しっかりすすぐ

 

これらのシャンプーの大事なポイントをしっかりおさえるようにしてみてください。

 

そして、食生活を見直してみましょう。

 

脂性タイプの人は、普段から脂っぽい食事を多く摂っていないでしょうか?

 

外食ばかりだと揚げ物や肉類などの脂っぽい食事になりがちです。

 

食生活が偏っていると感じている人は、野菜中心のヘルシーな食生活を送るようにして見てください。

 

乾燥タイプのフケの解消方法

乾燥タイプの人は、まずはシャンプーをし過ぎていないか、シャンプーの洗浄力が高すぎないかを確認します。

 

乾燥肌の人には、肌に優しいタイプの弱酸性のシャンプーがおすすめです。

 

皮脂が少ないので、洗浄力は低くてもかまいません。

 

そして、洗う時にごしごしこすって強い刺激を与えないようにしましょう。

 

まとめ

 

フケと薄毛の関係について解説しましたが、いかがでしょうか?

 

フケが出てきたからと言って、すぐに薄毛になるということではありません。

 

しかし、頭皮の状態が悪い方向に変化したということですから、要注意です。

 

自分のフケのタイプを見極めて正しい対処をしてください。

 

関連ページ

抜け毛が起こりやすい生活
抜け毛が起こりやすい生活について掲載します。
抜け毛と食事の関係
抜け毛と食事の関係について掲載します。
AGAについて知っておこう
AGAについて簡単に説明します。
抜け毛とストレスの関係
抜け毛とストレスの関係に説明します。
タバコは薄毛の原因?!タバコを吸うとハゲるは本当か?
タバコは薄毛の原因と言われていますが本当でしょうか?、タバコでハゲになるのかを解説します。
湯シャンの効果!薄毛解消は出来るのか?
湯シャンとはシャンプーを使わずお湯で洗うだけの洗髪方法です。湯シャンは髪の健康に良いと言われて人気になっています。湯シャンの薄毛に対する効果について解説します。