リアップシリーズの効果の違いと対応する症状とは?!

MENU

リアップシリーズの効果の違いと対応する症状とは?!

 

リアップは大正製薬から大好評発売中の日本初の発毛医薬品です。

 

 

アメリカ食品医薬品局FDAだけでなく、厚生労働省も認可した発毛成分ミノキシジル配合のすごい奴です。

 

最近ではリアップX5という新商品やリアッププラス、リアップジェット、リジェンヌなど次々と種類の違う商品が販売され、様々な症状に対応できるのが魅力になってきました。

 

とはいえ、これだけ種類が豊富だと、どんな症状にどの商品が効果的なのか、どれを選べば良いのか分からない人も多いと思います。

 

そこで今回は、リアップのバージョンごとの違いについて解説していきます。

 

リアップを使ってみたい方は、是非、参考にしてくださいね。

 

リアップの発毛成分「ミノキシジル」の効果

 

リアップの効果を説明する前に、有効成分であるミノキシジルがどんなタイプの薄毛に効くのかを考察していきましょう。

 

比較対象として、厚生労働省が認可するもう一つの医薬品フィナステリドの効果も紹介します。

 

リアップに配合される「ミノキシジル」は発毛成分です。

 

元々、高血圧患者のための医薬品だったミノキシジルですが、その副作用で多毛症になる患者が増加したことから発毛医薬品として開発されたという経緯があります。

 

そのため、ミノキシジルの大きな働きが血流改善です。

 

また、ミノキシジルを塗布した部分ではアデノシンが生成され、それが細胞増殖のエネルギーになるATPとして毛母細胞に取り込まれるため発毛が促進される分けです。

 

一方、フィナステリドは元々、前立腺肥大症の治療薬でした。服用していた患者の髪が生えくるという現象がたびたび起こりました。

 

前立腺肥大症の原因となる悪玉男性ホルモン、ジヒドロテストステロンはAGAの原因でもあったのです。

 

そうしてフィナステリドはAGAの進行を止めるための医薬品として開発されました。

 

ミノキシジルは発毛を促進させる医薬品であるのに対しフィナステリドがAGAの進行を止めるための医薬品です。

 

つまりAGA患者に対してはどちらも有効な対策ですが、AGA以外の、たとえば壮年性の薄毛にはフィナステリドではなくミノキシジルを使用するのが効果的というわけです。

 

さてそんなわけで、いよいよミノキシジルを有効成分とする、大正製薬から販売されるリアップの効果と種類を解説していきましょう。

 

リアップの種類と特徴

 

リアップシリーズはいろいろな種類が有りますが症状の進行度によっておすすめの種類はが変わってきます。

 

主な違いは、「ミノキシジル」の配合量に違いがあります。

 

リアップには、次のような種類があります。

 

  • リアップ     :壮年性脱毛症が進行してきた方
  • リアッププラス  :より確実に髪を生やしたい方
  • リアップジェット :薄毛で、かつ頭皮のかゆみが気になる方
  • リジェンヌ    :女性で薄毛が気になる方
  • フレッシュリアップ:まだ薄毛が進行しておらず、予防したい方
  • リアップX5    :壮年性脱毛症の進行がかなり進んでいる方

 

リアップの購入を検討するのなら自分の薄毛の症状がどんな状態なのかをしっかり確認するようにしましょう。

 

 

リアップ

リアップは日本で最初に発売された「ミノキシジル」配合の発毛医薬品です。

 

 

発毛成分「ミノキシジル」が【1%】配合しています。

 

効果は発毛と血行を促進するというミノキシジルの効能そのものです。

 

効果が高いのは壮年性の薄毛ですが、AGAにも普通に効果的です。

 

リアッププラス

リアップは有効成分がミノキシジルそのものでしたが、リアッププラスはそれに加えて頭皮の環境を整える成分を配合しています。

 

 

発毛成分「ミノキシジル」が【1%】配合しています。

 

「ミノキシジル」以外の有効成分はパントテニールエチルエーテルとトコフェロール酢酸エステルなどが配合されています。

 

パントテニールエチルエーテルはビタミンB群の一種で毛髪への栄養補給を目的として使われています。また抗炎症作用やフケ・かゆみの軽減も期待できる上、皮膚吸収しやすい性質を持っています。

 

一方、トコフェロール酢酸エステルはビタミンE誘導体として有名な成分です。

 

ビタミンEは若返り成分とも呼ばれ、血行促進や抗酸化作用などアンチエイジング効果に優れる成分なのですが、皮膚吸収しにくいという欠点があるのです。

 

そこでトコフェロール酢酸エステルの出番です。これは肌に吸収されやすい成分で、皮膚の中に存在する酵素によってビタミンEへと変化するのです。

 

この二つの成分で頭皮の環境を整えたところに、本命のミノキシジルが作用するのですから本家リアップよりも効果が期待できるのもうなずけるというわけです。

 

 

リアップジェット

ジェット噴射で爽快な気分を味わえるのが「リアップジェット」です。

 

 

発毛成分「ミノキシジル」が【1%】配合しています。

 

「ミノキシジル」以外トに含まれる有効成分は、ミノキシジル、パントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステルとリアッププラスの有効成分に準じています。

 

そしてさらにI-メントールというかゆみを沈める成分も含まれているため、より頭皮の環境が整います。

 

頭皮に直接押し当てて使うジェット式の発毛剤で、15噴射することで1回分の使用量を塗布できる定量噴射容器を採用している優れものです!

 

ちなみに、このリアップジェット1日2回の使用で約1ヶ月続けることができます。

 

リアップ・リジェンヌ

リアップの女性用商品で「ミノキシジル」が配合されています。

 

 

フィナステリドは女性が摂取すると大変危険な成分ですが、ミノキシジルは女性でも安心して摂取できる成分です。

 

発毛成分「ミノキシジル」が【0.6%】配合しています。

 

基本的な有効成分はリアップジェットと同じくミノキシジル、パントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、そしてI-メントールです。
しかし、女性用ということもありその他の添加成分にこだわりがありました。それはヒアルロン酸が配合されているという点です。

 

頭皮だけで無く塗布する部分の髪の毛をも保湿してくれるヒアルロン酸。発毛をしながら髪の毛もツヤツヤになったら最高ですよね!

 

フレッシュリアップ

フレッシュリアップは薬用育毛トニックで育毛剤ではありません。

 

 

その為、ミノキシジルは配合されていません。

 

あくまで医薬部外品ですので、その点をご理解して読んでください。

 

フレッシュリアップの有効成分はトコフェロール酢酸エステル、それに加えパントテニールエチルエステルやセンブリエキスなど育毛剤ではよく見かける成分がばっちり含まれています。

 

さらに保湿成分であるエンメイソウエキスが配合されているため、頭皮だけでなく髪の毛にも潤いを与えてくれるのです。

 

リアップX5プラス

リアップX5プラスは発毛成分「ミノキシジル」を大幅に多く配合した育毛剤です。

 

 

今まで紹介してきたリアップシリーズはミノキシジル1%配合でした。

 

しかし、このリアップX5プラスは何とミノキシジル【5%】配合しています。

 

公開されている臨床データではミノキシジル5%製剤の長期投与試験では約9割の薄毛患者が半年後には軽度改善を、1年間の使用で薬6割の薄毛患者が中度改善するというのです。

 

ちなみに軽度改善は明確に改善されているが頭部すべてを被ってはいないという状態を、中度改善とは薄くなった領域が新発毛により部分的に被われているが薄くならなかった部分よりは薄いという状態を表しています。

 

有効成分はパントテニールエチルエステルではなくピリドキシン塩酸塩という過酸化物質やフケを防止する成分が採用されていますが、概ねリアップジェットに準じています。

 

 

まとめ

 

リアップの種類と効果について解説しましたが、いかがでしょうか?

 

リアップは、日本で唯一、「ミノキシジル」が配合されいる医薬品の育毛剤です。

 

自分の状態に合わせた、商品のチョイスもできます。

 

気になる方は、試してみてください。

 

関連ページ

育毛剤の種類
育毛剤の育毛剤の種類について説明します。
育毛剤の選び方
育毛剤の選び方について説明します。
育毛剤の使い方
育毛剤の基本的な使い方について説明します。
育毛剤を有効成分で選ぶ
育毛剤の効果には有効成分が大きく関わっています。実は各社で使用している有効成分が異なり、それによって生み出される効果も全て違うのです!そこで、育毛剤を買う前にこの記事を読んで有効成分の勉強をしておきましょう!
男性用と女性用の違い
男性用育毛剤と女性用育毛剤の違いについて説明します。
育毛剤の効果が見られない場合
育毛剤の効果が見られない場合について説明します。
育毛剤の効果を上げるために
育毛剤の効果を上げるための手段について紹介します。
育毛剤の効果の表れ方
育毛剤の効果の表れ方について説明します。
男性用育毛剤の副作用
男性用育毛剤の副作用について説明します。