髪の毛を太くするには?細い髪をハリのある元気な毛に!

MENU

髪の毛を太くするには?細い髪をハリのある元気な毛に!

 

細い髪の毛を太くハリのある毛にしたいと思う方は多いと思います。

 

 

薄毛に悩む男性の多くは、抜け毛が進むことに悩むのと同時に、髪の毛が細く弱々しくなっていくことを悩んでいると思います。

 

若い頃は黒々と太かった髪の毛も、年齢を重ねるとともに弱々しく細くなっていきますが、髪の毛が細くなってしまうのはなぜなのでしょうか?

 

そこで今回は、髪の毛が細く衰弱してしまう原因、そして髪を太くする方法について説明していきます。

 

なぜ髪の毛は細くなる?

 

髪の毛を太く強くするためには、なぜ髪の毛が細くなってしまうのかという原因を探る必要があります。

 

 

髪の毛の太さは体質によってある程度決まります。

 

しかし、もともと太かったのにある時から急激に細くなったという場合は、加齢や生活習慣などが大きく影響している可能性があります。

 

それでは、髪の毛が細くなってしまう原因について生活習慣に着目して紹介します。

 

髪の毛を作るための栄養が不足している

髪の毛は「ケラチン」というタンパク質の一種でできています。

 

ところが、髪の毛を作り出すタンパク質が体内で不足してしまうと、髪の毛まで栄養が回らなくなってしまうのです。

 

また、タンパク質だけでは髪の毛は作れません。タンパク質を分解する役割を持つ、亜鉛などのミネラルも必要です。

 

普段、外食をしがちだったり、加工食品やコンビニ弁当などに頼りがちだったりすると、良質なタンパク質やミネラルは不足してしまいます。

 

栄養バランスが崩れた食生活を送っていると、髪の毛は細くなってしまうのです。

 

ストレスなどでヘアサイクルが乱れている

髪の毛には、生え始めてから4〜6年ほど成長を続け、その後に抜けていくというヘアサイクルが存在します。

 

ところが、仕事などで強いストレスを受け続けたり、生活習慣が乱れたりすることで、ヘアサイクルは乱れてしまいます。

 

そうするとまだ髪の毛の寿命が来ていないのに、抜けてしまう髪が出てきます。

 

また、栄養がうまく行き渡らず大きく成長できない髪の毛も出てきます。そうすると髪が減り、残っている髪も元気がなく、全体的に髪が少なくなるのです。

 

頭皮にダメージがある

髪の毛の成長にを妨げる原因の一つが頭皮のダメージです。

 

毛穴の詰まり、頭皮の炎症、フケが多いなど頭皮の環境が悪化すると毛根にもダメージがあるため髪の毛の成長にも影響を与えます。

 

頭皮の状態が悪くなる原因には、頭皮の汚れが落とし切れていない、生活習慣の乱れにより頭皮の皮脂の分泌が過剰になっている、皮膚炎にかかっているなどが考えられます。

 

頭皮が正常な状態ならば、白くきれいな皮膚の状態になっているはずです。

 

頭皮が赤い、フケが多い、脂っぽい、などという状態になっていたら、正しい頭皮ケアをする必要があるでしょう。

 

参考:正しい頭皮ケア

 

 

髪の毛を太くする方法

 

髪の毛を太くするには「生活習慣の改善」と「頭皮の状態の正常化」が必要です。

 

髪の毛を太く強くするためには、食生活や生活習慣を見直すことによって体の環境を良くしていく方法と、頭皮の状態を健康にする方法があります。

 

どちらもすぐに効果が表れる方法ではなく、根気強く毎日続ける必要があります。

 

しかし、体質や頭皮の状態を改善することができれば、自分の力でしっかりと太く強い髪の毛を作り出すことができるようになるはずです。

 

食生活を見直す

髪に十分な栄養を供給するには食生活の見直しが必要です。

 

 

髪の毛を作り出す栄養素を、しっかり毛根に届かせるためには、バランスの良い食生活を送ることが大切です。

 

髪に特に良い栄養素は次の通りです。

 

  • タンパク質
  • 亜鉛
  • ビタミン

 

これらに栄養素を効率よく摂取できる食材を紹介します。

 

タンパク質が豊富な食材

タンパク質は髪の毛を作る大切な原料となる成分です。

 

肉類は体に悪いというイメージがありますが、人の体にとても大切な栄養素です。

 

高たんぱくで低カロリーなものを選ぶのが大事です。

 

豆類

豆類は良質のたんぱく質です。納豆や豆腐などの大豆製品を普段の食事に取り入れましょう。肉類にもタンパク質は豊富に含まれますが、肉類ばかり食べると脂肪分の摂りすぎとなり、毛穴が皮脂で詰まってしまいます。ですから、ヘルシーな豆類はおすすめです。

 

鶏肉

鶏肉は肉類の中でも比較的脂肪分が少なく、タンパク質が豊富です。皮部分などは油分が多いのであまり食べない方が良いでしょう。

 

青魚

イワシやアジなどの青魚にもタンパク質が豊富です。しかも、血液をサラサラにする効果もあり、血行を促進することで頭皮に栄養素が行き渡りやすくなります。また、メチオニンというアミノ酸が含まれており、髪の毛のもととなるケラチンを作ってくれます。

 

卵は良質なタンパク質を含む、優れた食品です。

 

亜鉛が豊富な食材

亜鉛はタンパク質の分解を促す作用や、体内の代謝を高める作用など髪の毛を強くするために必要不可欠な必須ミネラルです。

 

ところが、加工食品や外食ばかり食べていると亜鉛は不足してしまいます。

 

しっかりと、亜鉛が多く含まれる食材を摂るようにしましょう。

 

牡蠣

亜鉛が最も豊富な食材と言われるのが、牡蠣です。鍋物やカキフライなどにして、積極的に食べるようにしたいものです。

 

牛肉やレバー

牛肉やレバーにも亜鉛は多く含まれます。外食や飲み会が多いという人は、なるべく牛肉やレバーを使ったおつまみなどを食べるようにしてください。ビーフジャーキーは食べ過ぎると塩分の摂りすぎになりますが、おつまみとして食べることで、亜鉛を補給することができます。

 

プロセスチーズ

プロセスチーズにも、亜鉛が含まれます。朝食のトーストに乗せるなど、普段からチーズを食事に取り入れるようにしてみてください。

 

ビタミン

ビタミンにも、頭皮の状態を整えたり髪の毛の成長を促進したりする働きがあります。

 

「ビタミンB2、B6」

ビタミンB2とB6は、身体の新陳代謝を活発にさせます。そのため、ビタミンB2、B6をしっかり補給すれば毛母細胞の分裂も活発になり、太く強い髪の毛が生えてくることにつながります。

 

ビタミンB2が多く含まれる食べ物は、レバー、青魚、卵、大豆などがあります。

 

これらの食材はタンパク質も豊富ですから、髪の毛の成長に欠かせない食材と言えそうです。

 

ビタミンB6が多く含まれる食べ物は、肉類やサケ、マグロ、バナナ、ナッツなどがあります。

 

「ビタミンE」

ビタミンEには頭皮の血行を良くし、毛根ひとつひとつまで栄養を行き渡らせる作用があります。

 

ビタミンCと一緒に摂ることで、吸収効率が高まります。

 

ビタミンEが含まれる食べ物は、魚介類やゴマなどです。

 

生活習慣を見直す

普段の生活において生活習慣を見直すことで体の働きを正常化しましょう。

 

睡眠をしっかり取る

睡眠不足は体の働きを低下させ髪の毛の成長にも影響を与えます。

 

 

ただ、睡眠時間が長ければ良いというのでもなく、睡眠の質も大切です。最低でも眠りについてから3時間は深い眠りに入る必要があります。

 

その為には、寝る前にぬるいお湯に入浴するなどしてリラックスしましょう。寝る1時間前に飲酒や食事は済ませましょう。

 

また、寝る直前にゲームやパソコンなど神経を刺激するようなことは避けましょう。

 

適度な運動を生活に取り入れる

体の調子を整え働きを正常化する為に適度な運動を行いましょう。

 

運動不足になると、体の機能が低下し血行が悪くなり肩こりなども起こしますが、頭皮の血行にも影響します。

 

テニスやゴルフなどの運動をしてリフレッシュしたり、ウォーキングをしたりして心地よい汗をかく習慣をつけましょう。

 

正しいヘアケア・頭皮ケアをする

ヘアケア・頭皮ケアを見直して正しいヘアを行いましょう。

 

 

頭皮に炎症が有るなどの場合は、皮膚科などを受診して治療しましょう。

 

また、シャンプーが頭皮に合っていない場合もありますから、弱酸性の皮膚に優しいシャンプーに変えてみてください。

 

脂っぽくて皮脂が過剰に分泌されている場合は、シャンプーが足りていない可能性があります。

 

しっかりとシャンプーを泡立てて、こすらずに優しく洗うようにしましょう。

 

おすすめのシャンプー

 

 

育毛剤などでケアする

育毛剤などを活用して頭皮に栄養を与える。

 

薄毛が気になる方はもちろんですが、髪の細さが気になっている人も育毛剤はおすすめです。

 

髪が細くなってきた場合、薄毛の前兆である場合が多いので、早めのケアにも育毛剤を試してください。

 

おすすめの育毛剤

 

まとめ

 

髪の毛を太くる方法について解説しましたが、いかがでしょうか?

 

急に髪の毛が細くなった場合は、薄毛のサインかもしれないので注意が必要です。

 

髪の毛を太く元気にすることは、薄毛の予防にもなるので、紹介したようなケアを実践してみてください。

 

早めの対策が効果的です。

 

関連ページ

頭皮の血流が改善して薄毛解消?!その方法とは!
頭皮の血流が悪い人の頭皮の状態とはどのようなものなのか、そして、頭皮の血流が悪くなる原因と対策について、詳しくご説明します。
薄毛治療薬の違い「ミノキシジル」「フィナステリド」「デュタステリド」
現在、厚生労働省が認可している薄毛治療薬は3つだけです。ミノキシジル、フィナステリド、デュタステリド。これらの薄毛治療薬のみが発毛効果があると国が認めているのです。そんなミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドの効果の違いってわかりますか?
薄毛が坊主頭にするメリットとは?モテない薄毛よりモテるハゲ!
薄毛で「モテない」と悩み、あきらめている方に朗報です。薄毛でも「モテる」ハゲになる方法があるんです。そのポイントは、坊主頭です。
薄毛が帽子を被る時の注意点【6選】
薄毛をカバーするのに帽子を活用する人は多いと思います。薄毛で防止を利用する場合の注意点を解説します。
増毛とは?植毛と違うの?アートネイチャー、アデランスの増毛【徹底解説】
増毛が最近気になっている!でも、増毛とは?テレビのCMでよくやっている、アートネイチャーやアデランスの増毛法だ。あんなCMを見れば、薄毛に悩む男性なら誰でも増毛に興味を持つはず!しかも、若い人も結構やっているみたいだし。そもそも、増毛とは何をするんだろう?増毛というからには、どんどん髪の毛が増えていくんだろうか?
薄毛が恋愛対象になるためには「ウケ」が肝心
薄毛の人は恋愛対象になるのでしょうか?どのようにしたら恋愛対象として見られるのでしょのでしょうか?
薄毛が目立たない髪型とは? 隠すのか?隠さないのか?
薄毛の人はどのような髪形にするのが良いのか、詳しくご紹介しましょう。今、薄毛の人には、「あえて薄毛部分を隠さない潔さ」、「自分の個性を生かす」という二つが求められています。
若ハゲは予防できる!将来ハゲない為にすべき対策とは?
若ハゲが起こる原因を知って若いうちから対策を立てておくことで、若ハゲの進行を予防できます。
女性の薄毛治療!女性の脱毛症と治療方法とは?
女性も薄毛治療が可能ですが、女性の薄毛の原因や症状は、男性のAGA、つまり男性型脱毛症とは全く異なりますから、その治療方法も全く異なります。そのような事から、今回は、女性の薄毛治療の方法について解説します。
AGA治療薬の効果と副作用が知りたい!
近年AGA治療が一般化してきてAGA治療を専門に手掛けるクリニックなども増えています。そこで今回は、男性型脱毛症(AGA)治療薬の効果と副作用について、詳しくご説明します。
ノコギリヤシの効果とは?薄毛(AGA)や抜け毛に効くのか?
今回は、ノコギリヤシの効果について、特に男性の薄毛に対す効果について解説します。
レーザーブラシは育毛効果があるの?
レーザーブラシとはどのようなものなのか、育毛効果は果たしてあるのか、レーザーを頭皮に当てて安全面は大丈夫なのかなど、レーザーブラシについて詳しく調べてみました。
正しい頭皮ケアの方法とは?間違った頭皮ケアは薄毛を早める?
薄毛を予防し髪の毛の成長を促すための有効な手段として、正しい「頭皮ケア」は欠かせないのです。
AGA治療方法の種類とは?最新薄毛治療方法を徹底検証!
男性の薄毛はほんとんどAGA(男性型脱毛症)で、しかも、AGAは治るらしい!早速、頼れる職場の先輩、斎藤さんにAGAの治療方法の種類に聞いてみよう。
アミノ酸シャンプーは抜け毛に効果を発揮する?!
アミノ酸シャンプーは、天然成分の成分が主体なので、頭皮に良いと考えられています。そこで、今回は、アミノ酸シャンプーの抜け毛への効果について説明します。
自毛植毛の治療方法?メリット・デメリットは?
薄毛の治療の一つに植毛があります。植毛の中でも、人気なのが自毛植毛です。自毛を植毛することで、いろいろとメリットがあるらしい。もちろん、デメリットもあるだろう。早速、薄毛対策のことなら何でも知っている、会社の先輩の斎藤さんに聞いてみることにした!
育毛シャンプーだけでは生えない?薄毛対策には効果あり?!
育毛シャンプーだけでは生えない?育毛シャンプーを使えば薄毛対策出来るのか?どんな育毛シャンプーを選べば良いのかなどを解説します。