髪の毛の構造

MENU

髪の毛の構造

育毛剤を活用して脱毛や薄毛対策を考えている人は、大変多くいて、最近では男女問わず実に多くの人が悩んでいることがうかがえます。

 

そもそも、髪の毛の構造とは一体どういうものになっているのでしょうか?

 

髪の毛はもともと皮膚が変化したものであると言われているくらい、皮膚の構造に近似している面があります。しかし、髪の毛は皮膚と違って、神経が通っていないことや傷つけても自力での再生はしないなどの特徴が挙げられます。つまり、日頃のケアが髪の毛を健康的に保つ鍵になるということです。

 

そして、目視上の構造では、髪の毛の構造は、頭皮から出て見える毛幹部と頭皮の内部にある毛根部に分けられます。

 

いわゆる髪の毛として見える繊維状の部分の毛幹部は、外側から、キューティクル、コルテックス、メデュラという3層でできていて、全てタンパク質が主成分となっている物質でできています。

 

一方、頭皮の内部にある毛根部では、根っこにある毛球という部分があり、この毛球で髪の毛が製造されます。

 

また毛球は、毛包というさや状のものに包まれており、毛球内部には毛母細胞という髪の毛を作り出す細胞がぎっしりと詰まっています。

 

髪の毛が伸びるメカニズムは、この毛球の一部にある毛乳頭という器官が伸びろという命令を出すことによって伸びるのです。

 

薄毛や抜け毛は、こうした髪の毛を生産する各細胞や器官が、本来の動きをしていないことが考えられます。男性用育毛剤は髪の毛本来が持つ動きを促進させる役割を担っています。

関連ページ

ヘアサイクルを知る
ヘアサイクルについての説明します。
髪の自己診断をしてみる
髪の自己診断についての説明します。
無料ヘアチェック
無料ヘアチェックについての説明します。
抜け毛の本数をチェックする
現在の髪の毛の状態を正確に確認する方法として、「抜け毛の本数」を知ることは効果的です。
抜け毛の毛根をチェックする
現在の髪の毛の状態を正確に確認する方法として、「抜け毛の毛根チェック」は効果的です。
頭皮の状態をチェックする
現在の髪の毛の状態を正確に確認する方法として、「頭皮の状態をチェック」は効果的です。
抜け毛の本数は何本までが正常?危険な抜け毛の状態とは?
正常な抜け毛の本数と危険な抜け毛の種類について解説します。抜け毛の本数が気になる方は、是非、チェックしてみてくださいね。